肩こりにならないためのカバンの持ち方

重いカバンやショルダーバッグは肩こりや頭痛の原因になります。
しかし、会社や学校に手ぶらで行くわけにはいきまません。
ここでは肩こりになりにくいカバンの持ち方や改善策についてご紹介いたします。

カバンを持つことによる体のアンバランス

カバンは右手、左手どちらかの片方で持つことが多いと思います。その片方だけに加重のかかるカバンを支えようとする筋肉のアンバランスが首や頭の筋肉を緊張させることにより肩こりや頭痛になってしまいます。

特に肩からかけるショルダーバッグは片方の肩や首に負担をかけ肩こりや頭痛の原因になります。また反対側の背骨のあたりの筋肉が緊張します。
ショルダーバックは毎回同じ方にかけずに交互に入れ替えてもつようにしましょう。
また、ショルダーバックをかけた後は必ず首の周りのストレッチをして方や首周りの筋肉をリラックスさせましょう。

ショルダーバッグは片方にかけるより斜めにたすきがけをしたら楽に感じると思います。しかし、肩こりが酷い人はベルトが患部に直接当たり逆に悪化させる場合があるので注意が必要です。たすきがけの際も定期的に交互にかけかえ、なるべくベルトの太いバックを選ぶようにしましょう。

手で握ってもつカバンでも同じことですが、ついつい利き手の片方でいつも持っている方も多いと思いますが体が歪む原因になりますのでできるだけ左手と右手を交互に持ち替えましょう。また、スーパーなどの買い物袋も交互に持ち替えるようにし、できれば両手で持てるように2つに分ける方が重量も分散されバランスもとれます。

背中に背負うリュック

背中に背負うリュックはどうでしょう?
リュックは両肩に加重がかかるのでバランスがよく首への負担も少なくなります。
しかし、リュックでもいくつか注意が必要です。リュックの荷物の位置があまり低い(ベルトが長すぎる)と後ろへ反り返ろうとすることで自然にバランスをとるため前かがみの姿勢になり、首の負担や肩こりの原因になります。また、極端の重い荷物の場合も前かがみに姿勢が酷くなり肩こりの原因になりますので長時間、背負う必要がある場合は定期的に首うや方のストレッチを心がけてください。

このようにカバンはどんなカバンでも同じことですが、ベルトが太いものを選び、長時間同じ姿勢、同じ持ち方をしないようにして、定期的にストレッチしたり腕や方を休ませることが重要です。