接骨院と整骨院、整体院の違い?!

よく接骨院と整骨院って何が違うの?って聞かれることがあります。
接骨院と整骨院は同じ意味です。
接骨院という名称は骨をボキボキしたり打撲や捻挫を治す施設で、別名「ほねつぎ」とも言われますが、昨今それだけでなくマッサージや骨格の矯正などの施術を行うのが常識的になってきており、その接骨院という間違ったイメージを払拭するため整骨院といわれだしてきています。

接骨院と整体院との違い

では整体院はどうでしょうか?
整体院は接骨院とは違い、無資格でも開業できます。整体の資格はありますが、全て民間の資格で、接骨院を開業するためには柔道整復師という国家資格が必要になってきます。
また、保険が適用できるのは接骨院です。ただし、接骨院での全ての治療に保険が効くのではなく、一部の治療内容に限られます。
接骨院、整体院ともに、レントゲンを撮ったり薬を処方したりといった医療行為は禁止されています。
関節をボキボキと鳴らして矯正する整体は整体院がよく行うことがあるようです。
本来、ボキボキ整体は危険であるとして厚生労働省からも禁止されていますので国家資格をもつ接骨院ではそのような施術を行うことはありません。
ただ、雑誌やテレビなどのメディアなどでボキボキ整体がよく効くといって報道されたこともあり、整体院では自己責任で受診可能のようです。

接骨院

国家資格である「柔道整復師」の資格をもつ先生が施術にあたります。
骨折・捻挫といった治療を行います。「ほねつぎ」ともいいます。
関節や骨格の歪みを正しい位置に矯正したりもします。
医師とは違うのでレントゲンを撮ったり、薬を処方といった医療行為はできません。
施術には保険が効きます。

整骨院

接骨院と全く同じです。
「接骨院」という名称は骨をボキボキされる?、骨折や脱臼などの骨の障害だけを治療するところ?、と間違ったイメージを払拭するために「整骨院」という名称が増えてきたようです。

整体院

「接骨院」とは違い、資格がなくても開業できます。保険は効きません。
血流の活性化を行ったり、内臓などを整えます。 関節や骨格の歪みを正しい位置に矯正したりもします。