腰痛について

辛い腰痛に悩まされている方が大変多くなってきました。
ひとことに腰痛といっても原因や種類も様々。ここでは腰痛の主な種類や少々、原因や改善方法について詳しく解説いたします。
接骨院などに通う前に予め腰痛の原因などの詳しく情報収集しておくことをオススメします。

腰痛は現代人の80%以上の人がなるといわれています。
慢性的な腰痛や動いた時だけ痛いなど症状は様々で、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といったものがあります。
原因は過度な運動や生活上の癖や姿勢の悪さ、老化、筋力不足などが多いですが、腰痛の約85%は原因が不明とされています。

現代社会の生活、特に仕事の中には日常の不自然な動作、ディスクワークや同じ動作や姿勢を繰り返す行動などが当たり前になってきており、なかなか自然な動作を心がけるというのも難しい環境になってきています。
また、老化のよる背筋や各筋肉の衰え、運動能力の低下で腰痛や体全体で不具合が生じてきます。
仕事に忙しくても、1時間おきにストレッチや体操などを行うための休憩を意識してとることや筋力の衰えを減らすように適度な運動が重要です。
「急がば回れ」という言葉もあるように、歳をとっても体の健康を長く保ち元気に仕事や生活を送るためには日々の適度な休憩の時間によって必ず差が出てきます。

腰痛とストレスの関係

前述したように腰痛はレントゲンで異常がなく原因が分からないものがほとんどです。
医師に安静にと言われて動かないようにします。
最近の研究で原因不明の腰痛には社会的なストレスが大きく起因しているとのことです。
ストレスが原因の方は、鎮痛剤などで改善されない。
また、必ずしも安静にしている方がいいのではなく適度に体を動かす方が改善が早いとのデータもあります。

腰痛の種類

腰椎椎間板ヘルニア

椎体と椎体の間の椎間板というクッションがあり衝撃や和らげてくれています。
この椎間板にあるゼラチン状の髄核が飛び出した状態のことを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。
症状も様々で常に腰や足に激痛ある重症なものから、普段は痛みがなく関節を曲げると痛み出すものまで。
原因は老化や姿勢の悪さからくる骨格の歪みによるもの、日々のディスクワークや腰をねじるスポーツなどの腰から背骨にかかる負担です。
治療法は病院などで痛みが酷い場合は神経ブロックを使用したり手術をしたりします。
比較的症状が軽い場合は接骨院などで牽引による治療も効果的です。

腰椎分離症

激しいスポーツや運動をしている人に多いのが腰椎分離症です。スポーツをすることが多い小中高生といった若い人に多くなります。
痛みの原因は背骨の後ろ側にある突起が折れて分離した状態になることから起こります。いわゆる疲労骨折です。
また、一度分離するとくっつくことはありません。
治療にはコルセットを着用して3ヶ月程度、スポーツなどはせずに安静にします。痛みが和らげばまた今まで通り動けますが激しいスポーツなどは避けた方がいいでしょう。
酷い場合は手術で治療する場合もあります。

腰部脊椎管狭窄症

脊柱管という神経を囲んでいる管が狭くなって椎神経や馬尾神経、神経根などを圧迫した状態をいいます。
足の痛みや腫れが生じ、歩きづらくなります。排尿や排便がしづらくなつこともあります。
治療法は接骨院、整体院などで牽引してもらいます。適度な運動と正しい姿勢を心がけることも重要です。
症状が酷い場合は病院で手術します。

後屈障害型腰痛

背中を後ろに反らすと痛むのが後屈障害型腰痛です。
原因は老化によるものが多いです。
痛みが酷い場合は牽引や鎮痛剤の服用します。あわせてコルセットも使用し、背中を反らさないようにします。

変形性腰痛

老化により脊椎や椎間板の異常が原因で発症します。
治すのは難しいですのでうまく付き合っていくことが重要です。
接骨院で牽引やストレッチなどをして治療していきます。

肩こり、腰痛の原因

肩こりや腰痛は接骨院や整体院などでマッサージを受けて治療することが多いと思いますが施術を受けて2,3日は楽になるのですがまた1週間くらいすると同じように肩こり・腰痛にになりずっと接骨院などへ通い続けることになります。つまり完治しないのです。
そもそも、肩こり・腰痛の原因は何なのでしょうか?

筋肉の硬直

日々の生活の中のディスクワークなどで同じ姿勢を続けることにより筋肉がこわばり収縮して硬直しやすくなります。
これが「こり」を感じる原因になります。

血行不良

上記の理由で筋肉が硬直すると血管が圧迫されて血行が悪くなります。

神経が傷つきやすくなる

筋肉が硬直すると末梢神経が傷つきやすくなり、痛みや「こり」を感じます。

肩こり・腰痛を完治させるには?

根本的な解決には接骨院などでも指導されると思いますが、普段の生活の見直しです。
習慣的、癖になっている悪い姿勢を意識して直すことや、運動不足の解消、肥満、ストレス、ハイヒールなどの負担のある靴をやめたりを検討します。仕事柄、どうしようもない場合もありますが、できるだけ生活習慣を見直すことで完治につながるケースが多いです。

あまりのも酷い痛みやコリの場合は即効性が大切ですので一時的になくすにはくすりに頼る方法があります。
フェルビナクなどの痛み止めの成分を含んだ貼り薬を利用します。

腰痛の原因は運動不足?!

接骨院や整体院の患者さんの中でも特に多いのが「腰痛」です。
ファンケルが20代~60代の男女に行った『腰痛とその原因に関する悩み』のアンケート調査結果は次の通りだそうです。

腰痛のアンケート調査

腰痛の原因のアンケート調査で、もっとも多かったのが「運動不足」で、2位が「日頃の姿勢」、3位「デスクワーク」、4位「立ち仕事」、5位「力仕事」、6位「老化」だそうです。

また、「腰痛がひどくなると仕事の効率はどの程度低下すると感じますか」という質問に関しては、「10%以上から30%未満」と「30%以上から50%未満」と回答した人の合計が51%で、「50%以上から70%未満」と答えた人は27%とのことです。

続いて、30際以上の男女に、「あなたの腰痛との付き合いは何年くらいになりますか?」という質問には、『10年以上』と回答した人が66%もいたそうです。また、全世代に対する同じ質問の回答では、平均で約12年以上という結果。

そこで、腰痛経験者に対し、「腰のために気をつけていることはありますか?」と質問したところ、以下のようなランキングになったそうです。

下記がそのアンケート結果です。(dietclub.jpより引用)

腰のために気をつけていること
  • 第1位:腰に負担をかけない動作を心がけている
  • 第2位:体操・ストレッチをしている
  • 第3位:姿勢に気をつけている
  • 第4位:自分でもんだり叩いたりしている
  • 第5位:入浴
  • 第6位:運動をしている
  • 第7位:針や整体、マッサージに通っている
  • 第8位:家族や身近な人にもんでもらったり叩いてもらったりしている
  • 第9位:サプリメントを飲んでいる
  • 第10位:病院に通っている

その他、腰痛がある人と腰痛がない人に、「あなたの普段の姿勢は?」と質問したところ、89.5%の人が「やや悪い姿勢で生活している」と回答し、「とても良い姿勢で生活している」と答えた人は、腰痛がある人で1.5%、腰痛がない人で5%だったということです。

以上のように普段の生活で腰痛への負担や原因となるような姿勢を行っていることを自覚している人が多くそれぞれで何か意識して改善する努力を行っています。現代社会のしがらみでもありますが、運動不足と腰痛には密接な関係があり、ほとんどの人が患うということになってきています。
肩こり、腰痛では運動不足は接骨院でもお決まりのように言われることですが、他の生活習慣を見直すよりも根本的な解決には特に重要なポイントかもしれません。

腰痛の原因・種類

一言に腰痛といっても様々な要因、種類があります。ここでは主な腰痛の種類をご紹介いたします。

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアはよく耳にすることがあると思います。
背骨を構成している骨の間でクッションの代わりをしているのが「椎間板」です。この椎間板が磨り減ったり、外に飛び出した状態を「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。
酷くなると歩行も困難になる場合があります。

脊椎分離症・すべり症

腰部を構成している腰椎という骨の一部が分離してしまった状態が「分離症」といい、さらに分離症が原因で骨が不安定になり、分離した上の骨が、前に滑ってしまう状態を「すべり症」といいます。
すべり症で神経が圧迫されると足などに痛みが起きたり痺れが出ることがあります。激しいスポーツをしていることが原因で分離症になることが多いです。

腰部脊柱管狭窄症

背骨にある「脊柱管」という脊髄神経が通るトンネルが狭くなって神経が圧迫されることで足などに痺れや麻痺が起きて歩行が困難になります。
重症になると排尿が困難になることもあります。
比較的、高齢者に多く、加齢による背骨の変形が原因しています。

変形性脊椎症

変形性脊椎症は加齢により、背骨の骨棘というトゲのような骨が増殖したり、背骨の関節や椎間板の状態が悪化したことが原因です。歳をとるとほとんどの人が骨棘になります。
変形性脊椎症ですぐに腰痛の原因になることはありませんが、腰痛の主な要因の一つになります。

腰痛の原因が重大な病気にあるかも・・

その他、腰痛には内臓疾患や緊急性のあるものもあるので注意が必要です。
横になっていてもいつまでも腰痛が続いたり、発熱があったり、痺れや麻痺、排便や排尿の際に違和感がある場合など、特に腰痛の痛みがどんどん悪化してく場合は子宮がんや膀胱、腎臓、胃などに重大な疾患がある場合もありますので早めに医療機関を受診してください。