効果的な骨盤矯正

大腰筋を鍛えて骨盤を矯正しましょう!

大腰筋が弱っていると骨盤が歪んでいる可能性があります。
骨盤の歪みは神経が圧迫されることにより血流が悪くなり冷え性や生理痛、腰痛の原因になります。
大腰筋が弱ると上半身の体重を支えられなくなり、骨盤が歪みだすのです。

大腰筋が弱る原因は運動不足や間違った姿勢や座り方など日常的に行っている場合も影響してきます。
加齢とともに大腰筋は細くなり弱るのですが、運動不足や不適切な姿勢で年齢以上に弱っている方が多いのです。
骨盤矯正、いわゆる骨盤体操などで大腰筋を鍛えることができます。

大腰筋を鍛える骨盤矯正

  • 膝を立てて仰向けになる

    平らな床(マットやタオルなどを敷くと痛くないのでいいです)で仰向けになり背骨がまっすぐなっていることを確認します。

  • 足を持ち上げる

    膝(足首、膝、股関節の角度)を90度に曲げてゆっくりと腹筋に力をこめて膝を持ち上げていきます。
    足首から膝までが水平になるように維持して10秒間そのままで維持します。

  • 膝を伸ばし、足首を上に上げる

    足首を天井へゆっくりと伸ばしていき、足を体に対して垂直に膝が伸びるようにします。
    その状態で10秒間、維持します。

  • 2の状態に戻す

    2の状態に戻し、10秒間維持し、1の状態へゆっくり戻します。

以上の動作を1日10回、行うことで骨盤の状態が良くなっていきます。
※あまり無理をせずにしんどい場合は回数を減らしてください。

家で自分でできるお手軽骨盤矯正

骨盤矯正をしたいと思っている人も日々の忙しい生活の中で整体院や接骨院などの専門家にみてもらおうが悩んで、躊躇していていまだに行えていない方も多いのではないしょうか。
ここでは家で誰でも簡単にできる骨盤矯正をご紹介いたします。
寝る前や朝起きて少し時間のある時、また、会社や学校の休み時間などちょっと空いた時間でできますよ。

お手軽骨盤矯正の手順

お手軽骨盤矯正は特に知識や道具など何も必要なく、服装も普段着で行えます。

  • まずはリラックス。

    まずは静かな場所であぐらをかいて座って深呼吸してリラックスしてください。
    リラックスして気持ちを落ち着けないと体が硬く、思うように効果が表れません。

  • 伸びをする。

    気持ちが落ち着いてリラックスできたら、その格好のまま、両腕を頭の上に上げて、背筋を伸ばし、「伸び」をした状態にします。
    このとき、目いっぱい、腕を持ち上げ筋を伸ばします。

  • 腰を揺らす。h5>

    伸びをした状態で腰を左右に動くところまで傾け揺らします。腰を回すようなイメージです。

  • 腕を左右に広げて背中を反る。

    次に頭の上に上げていた両腕を左右に広げて、背中を反ります。

以上の3、4を繰り返し、5分間行います。これを毎日続けることでかなりの骨盤矯正の効果が表れます。