整体とは

現代の生活習慣病の原因の多くは骨格の歪みや筋肉の位置ずれによるもので日本人の90%以上は骨格に何らかの歪みや異常があるといわれています。
生活習慣病の効果的な改善には骨格の矯正が不可欠です。
身体のコリや痛みの原因を根本から改善することで日常生活のストレスを減らし、健康的ではつらつとした毎日を過ごすことができるようになります。

整体とは

整体とは体の骨格、骨の位置を正しい位置へ矯正することによって体の内外の不具合を改善していくことです。
体の外見的な美しさの改善だけでなく、関節の痛みや動作の不具合から内臓の健康まで影響してきます。

整体といえば1つと思われる方も多いと思いますが、実は一言に整体といっても何種類もあるのです。
骨格や筋肉を矯正したりして自然治癒力を高めるという基本的な部分、考え方は同じなのですがそれに到るまでの技術が違います。
また、接骨院で施術する先生は柔道整復師という国家資格を必ず持っていますが整体院は無資格でも開業可能ですし整体の資格は全て国家資格でなく民間の資格になります。

整体とは日々の生活で歪んだ体の骨の位置を本来の正しい位置に矯正することで、関節痛や腰痛といった体の痛みから内臓の健康に到るまで根本的に治していくことです。
もちろん整体を行うことで骨格が美しくなるので外見的な美しさ(姿勢や肥満など)も得られます。

整体は医学的な専門知識を持った体の性質や機能を理解した施術者に行ってもらうことがとても効果的で技術の違いにより同じような施術に感じても効果が全く違ってきます。

肩こりを放置することによる影響は様々な悪影響があります。特に内蔵にまで影響するということには驚きです。

整体とは整体師の手や足で骨格を矯正し、骨格の歪みと整えて内蔵や筋肉のバランス改善、正しい状態に戻すことをいいます。骨や筋肉を正しい位置に矯正することで、体の外見だけでなく内蔵などの体内まで健康にすることができます。
このためO脚や猫背など外見的な美しさを求める患者だけでなく、生活に支障のある、関節の痛みや凝りやだるさ、内蔵の不調などの改善もみられます。

整体は接骨院(整骨院)、整体院、各種マッサージ、カイロプラクティックなどで受けることができますが、国家資格が必要なのは「接骨院(整骨院)」のみで基本的な医学を学んだ柔道整復師の資格を持つ者が施術にあたります。
接骨院以外は無資格でも開業できます。

おすすめの整体法

「整体」といっても様々なものがあります。
ここでは美容や健康のためのおすすめの整体法をご紹介します。
整体の目的は体の外見的な美しさ、美容目的ではなく骨格、骨を正しい位置へ矯正することで体の内外の健康を導くための整体法をご紹介していきます。

東洋医学とは

東洋医学は3,000年以上の長い歴史のある中国発祥の伝統的な医学で中国では「伝統中国医学」といいます。
接骨院でも多く取り入れられている中国発祥の「中国整体術」はその東洋医学の一つで400以上の手技があり、その全てを駆使して施術を行うことで合理的な身体の流れや動作を導き、疲労回復に寄与します。
血液循環から組織の老廃物の排泄といった人体の流れを潤滑に導くことで身体全体のコリや緊張を緩和します。

このように東洋医学は接骨院が行う整体術とは切っても切り離せない関係にあります。

接骨院の整体とは

接骨院の整体とは、体や骨格の歪を整えたり、体重をコントロールしたり健康面、美容面ともに健康に近づける技術や療法です。つまり一般的に言われる整体が接骨院で行われる整体といえます。
長年重力を体に加わることにより、O脚やX脚、腰の歪み、背骨の歪みなどが起こり、これらが原因で体に様々な不調をきたします。
内臓まで悪化することさえもあります。
骨の歪みを直すことは外見的にも美しくなります。

接骨院での受けるものは「治療」ではなく正確には「施術」といいます。
整体の施術は接骨院によって技術も様々で、悪い接骨院は良くなるどころか逆に悪化したりもします。
患者の立場にたった勉強熱心で誠意を持った施術を行ってくれる接骨院を探すことが重要です。
整体は接骨院だけでなく、整体院でも受けることが可能です。接骨院と整体院の違いは接骨院は保険治療が効いたり、柔道整復師という国家資格をもつ先生が施術をしますが、整体院は特に資格がなくても開業でき、保険も効きません。
接骨院と整体院は呼び方が異なるだけで同じです。接骨院というと骨の捻挫や脱臼などの治療をしますが、それだけでなく整体を行うので誤解されないように整体院という名称が生まれたようです。

本来、整体だけでは保険が効かないものですが、接骨院では保険の効く捻挫や脱臼、打撲といった骨の障害の治療が可能なため、これらを整体の施術に含めることで整体施術にも保険が効くようにしていることが多いようです。
内容によっては保険の不正請求になるようですので施術を受ける患者側も注意が必要です。
施術代が安くなるので嬉しいことですが、必ず「療養費支給申請書」という同意書みたいなものにサインをさせられるので患者側も不正の同罪になりますので十分に確認してサインしてください。

ボキボキと骨を鳴らす整体は危険?!

よく首や腰の骨をボキボキと鳴らす整体をテレビなどで見かけますが日本では危険という理由から厚生労働省から禁止されています。
また接骨院は柔道整復師の資格をもった者が施術にあたるのでその危険性を理解しているのでむやみにボキボキしたりすることはありません。整体院は無資格の者でも施術できますのでこういったボキボキ施術は整体院に多く見られます。
また、体をよく検査もせずにボキボキ整体を行うのは問題外です。
まず、体のどの部分に異常があるのか十分に検査した上で施術を行うのが正しい方法です。
実際にボキボキ整体を行った後の後遺症で悩む方もたくさんおられるようです。
首などの骨をボキボキ鳴らすのは非常に危険な行為です。
医学を十分に学ばれている方なら、ボキボキで骨の歪みや凝りによる痛みなどが治るわけはないと知っています。
もし万が一、本当に評判が良く、よく効くとされる整体院でボキボキ施術をされているようでしたら、自己責任で治療を受けてみるのもいいかもしれませんが、おすすめはしません。
本当に信頼のできる、柔道整復師の資格を持った先生や医学のことに詳しい先生に施術をしてもらうのがいいでしょう。

接骨院・接骨院の現状

接骨院・接骨院は昨今、数がとても増え、現状は生き残るのに非常に厳しい状況になってきています。
各接骨院は工夫を凝らし、様々なサービスや技術の向上など切磋琢磨しています。

院内の設備や清潔感を保ったり雰囲気をよくすることはもちろん、治療のレベルを高めたり、患者さんとのコミュニケーションを上手にとること、また、定期的に患者様へのフォロー連絡をいれることなども重要です。

苦労して専門の学校を卒業し、柔道整復師になってどこかの接骨院で何年か修行を積み、ただ独立しても経営が悪くうまく接骨院を維持できないでしょう。
色んな専門分野の人と協力し、サービスや質を落とさずに他の接骨院と競争する力を身につけないとすぐに廃業してしまいます。

ここでは詳しくは触れませんが競争激化による保険治療の問題もでてきています。
今後、保険治療の適用も厳しくなることが予想されるため、接骨院業界では自費治療でどれだけ新規患者を獲得できるかが重要になってきています。
本来の接骨院の施術「骨接ぎ」、「打撲」、「捻挫」など以外に肩こり、腰痛、ヘルニア、むち打ちといった病院で治療するような症状も接骨院は得意としていることが多いです。実際にこれらの症状は病院で治療を受けたり手術をしても完治したり、改善されることが少ないといったことをよく聞きます。
接骨院は医療機関ではないので、治療という言葉は使えませんが、接骨院の施術でヘルニアやむちうちといった厄介な症状も手術をせずに改善、楽になることもあります。

接骨院の保険不正請求のニュース

接骨院の保険不正請求のニュースはよく見るが、また先日、大阪で逮捕者が出た。

経営していた整骨院で療養費を架空請求して詐取したとして、大阪府警は31日、元整骨院経営を詐欺容疑で逮捕した。大阪府などの監査では約940万円の不正請求が判明しており、府警が経緯を調べている。

逮捕容疑は、大阪府内の整骨院で2009年、元患者計13人の名義を勝手に使い、架空の施術の療養費を全国健康保険協会に請求、約7万円を詐取したとしている。容疑を認めているという。

府によると、容疑者は府内で計5カ所の整骨院を経営していた。府と厚生労働省近畿厚生局は11年8月以降、容疑者の整骨院を監査。府は、容疑者の整骨院が08年7月以降、療養費の架空請求や水増し請求により、約940万円を不正請求していたと認定し、今年7月、患者に代わって療養費を請求できる「受領委任の取り扱い」を5年間中止する決定をした。

療養費の請求には、患者が署名・押印した申請書が必要だが、偽造した印鑑を使うなどして勝手に請求していたという。関係者からの相談を受け、警察が捜査していた。

(※Yahooニュースより抜粋 2013年10月31日配信)

接骨院の保険不正請求は氷山の一角

このようなニュースが定期的に報道される。
おそらく、氷山の一角で不正請求は結構多いと思います。
大阪など一部の地域では接骨院が増え続けて激戦区になり、経営が厳しくなっている中、保険が適用されることは患者側にとっても安くで施術してもらえるので大変魅力的ですので接骨院側も保険適用して少しでも患者への治療費負担を減らすことで患者を獲得している現状があると思います。
増え続けた接骨院、根本的に仕組みを改革していかないとこのような不正摘発はなくならないと思います。

整体の効果

整体とは体全体の骨格などの歪み、ズレを矯正する医業行為です。
「整体術」、「整体法」、「整体療法」ともいわれます。
主に、整体院や接骨院、整骨院で行う。接骨院と整骨院は同義語で柔道整復師という国家資格をもつ者が施術にあたります。
いっぽう整体院は柔道整復師の資格を持たない施術者が従事します。

整体による体の効果は?

医者の治療ではよくならないという痛みや症状はたくさんあります。
腰痛や肩こりといった痛みが慢性的にともなうもの、自覚がないまま骨格の歪みからくる内臓への負担や悪化があります。
こういった骨格の歪による心身の不具合は病院の医師などではレントゲンをとって問題なしと判断されることが多いのです。
接骨院や整体院ではこういった、骨格の歪を検証し、慢性的な体の不具合を根本的な骨格の歪を改善することにより、治療していきます。
数回通ってすぐに治るなんてことはまずありませんが、接骨院、整体院に通い続けることで生活に支障がないように動けるようになります。
ただ、接骨院によって技術レベルはまちまちで良いところを選ばないと逆に悪化したり、何も改善しない場合もあります。
ほんとうに技術のある接骨院では感動するくらい、症状が改善されます。
現代社会における生活では骨格の歪は避けて通れない、誰でも歳をとることで患ってきます。
悪化する前に早期に治療を受けることが重要です。

交通事故むちうち専門接骨院

交通事故によるむちうちの後遺症に悩まされる方も多いでしょう。
むちうちは厄介でなかなか良くならないケースが多く、また事故直後には痛みがなくて、徐々に痛みが増していくこともあります。
生活に支障が出るほどの痛みを抱えて悩んでおられる患者さんも多く、整形外科や接骨院に通ってもなかなか良くならない方も多いのが実情です。
厄介な「むち打ち」、早期回復のために数ある接骨院の中でも交通事故などのむちうち治療を得意とする接骨院選びも重要です。

揉み返しについて

揉み返しとは腕や指などで体を強く押して、硬くこわばった筋肉などを無理に揉みほぐそうとしたことにより筋肉の組織が炎症を起こしている状態のことをいいます。
揉む力が強すぎたり、時間が長すぎることで筋肉などの毛細血管が傷ついて内出血を起こしたりもします。
揉み返しが起こると、体のだるさや痛み、逆に凝りがひどくなったりします。

揉み返しは一時的な症状なので、揉み返しが収まると楽になるので逆に良くなった錯覚を起こします。
接骨院を選ぶ際は揉み返しによる回復なのか実際に良くなっているのかを見極める必要があります。揉み返しによる回復で良くなったと錯覚し、この接骨院はよく効くなぁと思わないようにご注意ください。