接骨院のホームページからの集客

接骨院の数は都心部や一部の地域では増え続け、飽和状態になり激戦となっています。
昔のように店舗に看板を掲げて、患者を待つということでは生き残れないので、各接骨院も経営に試行錯誤が必要になってきています。
接骨院の営業なんて聞いたことがありませんが、集客を意識して、いわゆる広報活動はとても重要になっています。

ポスティングやビラ配り、DM発送

ポスティングやビラ配りは近隣の施設の利用客や学校、会社、通行客に直接訴求できるので有効ですが、見込み客でもビラを受け取らすにはそれなりのテクニックが必要でポスティングもなかなか目にとめるほどのものを作るのも大変で許可が出る場所を探すのも大変です。
場合によっては多額の費用がかかったりもします。
DM発送は顧客リストをどこで入手するかの問題、また、郵送料金やDM制作費などの費用がかかってきますので労力や費用対効果もシビアです。

ホームページなどのWEBからの集客

ホームページやWEBを利用して集客させるのはどうでしょうか?
接骨院はホームページからの集客は有効です。
ただ地域によっては激戦となっており、ホームページのSEO対策だけでなく、リスティング広告や各種ポータルサイト、SNSなどからの集客も行うことでより効果的に集客できるでしょう。
接骨院のホームページ制作はそれなりの信頼性のあるものを制作しようとするとやはり信頼できる業者などに発注する方が無難のなですが、それなりの制作費用はかかってきますが、一度制作してしまえばその後、年間、数百円のサーバー代くらいの維持費で済みますので費用対効果という面では優れています。
ただ、ホームページは制作後、何もしなければ集客につながりません。見込み客のアクセスが全くないのです。
検索エンジンから見込み客を誘導しようとすればSEO対策というものを行う必要がありますが、素人では難しいので業者に依頼することになり、ランディングコストがかかります。
SEO対策の見積もりが高ければ、各種検索エンジンのリスティング広告から誘導する方法もありますが、接骨院のワードではそれなりのクリック単価になりますので、ここでも費用対効果をよく考えて運用する必要があります。
つまりリスティング広告もランディングコストがかかります。
ホームページ制作の初期費用が厳しいという方は接骨院の各種ポータルサイトに掲載する方法もあります。
検索エンジンで見込み客が検索しているワードで上位表示されている接骨院のポータルサイトに掲載するといいでしょう。
ただ、そのような上位に表示されているポータルサイトは有料掲載の場合が多いですが、月額数千円と比較的リーズナブルです。
注意したいのはそのポータルサイトに掲載してもらってもそのポータルサイト内での競争が激しければ、自然検索のSEO対策と同じことですので、掲載後の自分の接骨院がどの位置のどの順番で表示されるかを事前に確認しておくことをおすすめします。

WEBからの集客にはどのような方法でも多少のランディングコストをかける必要があります。一番いいのは自然検索でSEO対策業者に依頼せずに上位に表示されることですが、なかなか接骨院の激戦区ではそう簡単にはいきません。
いかに効果的な方法にランディングコストをかけるかがポイントになってきます。
信頼できるWEB業者と知り合いになり、いろいろアドバイスやサポートを受けられる状況をつくることが望ましいと思います。

接骨院のホームページはデザイン性のあるあまり上品なデザインではなく分かりやすく信頼性のあるデザインが望ましいです。
また、広告的な過剰なPR要素、「絶対治る!」、「最高の技術」とか不安をあおる要素、「取り返しのつかないことにになります」などはNGです。印象的にも逆効果になります。
ホームページの構成は主要なページは分かりやすくどこかの共通部分(ヘッダーやサイドなど)にナビゲーションメニューを設置し、どのページからでもアクセスできるようにします。
電話番号の記載は必須ですのでこれも分かりやすくヘッダーやフッターに必ず記載しておきましょう。
メールフォームのみの連絡方法ではコンバージョンが極端に落ちる原因になります。
メールでの問い合わせは必ずメールフォームを使用するようにします。メールアドレスをWEB上に記載してしまうとスパムメールが何通も届くようになりますので見込み客からの重要なメールを見落とすことになります。
FAX番号も特にWEB上には記載しない方が望ましいです。全国からいろいろな営業FAXが届くようになってしまします。

ページ構造は前述したとおり、主要ページナビゲーションメニューからどのページからでもアクセスできるようにしますが、主要ページの更新頻度は低いことが一般的に予想されますので技術情報を日々配信するための内部ブログなどを設置するといいでしょう。その際、TOPページに最新記事の一部が掲載されユーザーに更新されていることが分かるようにします。検索エンジンのクローラーにもTOPページに変化があるとSEOに有効になります。

ホームページを制作したら公開するだけではまず見込み客にアクセスしてもらえないので集客に導けません。
これは接骨院に限らず、どのような業種のホームページでも同じことで見込み客にアクセスしてもらうには見込み客がどのうようなルートでホームページにアクセスすることが予想できるか考えてみます。
まず接骨院の新規患者、つまり見込みユーザーはインターネットでどのようなルートから接骨院のホームページにアクセスされるか、まず考えられるのは検索エンジンです。検索エンジンの自然検索で見込み客があなたの接骨院を検索する時に使用するキーワードで上位表示されるように対策をします。激戦区になるとなかなか素人では順位を上げられないのでSEO業者などに依頼することになりますが、SEO業者は悪質な業者も多いので見極めには注意が必要です。
検索エンジンではリスティング広告といって費用を検索エンジンに支払うことで見込みユーザーが検索したキーワードで広告枠に表示させる仕組みがあります。自然検索でSEO対策が難しいようであればこのリスティング広告を利用するのもいいでしょう。
ただし、キーワードごとにクリック単価が異なるので運用は、費用対効果を考えて行う必要があります。
その他、フェイスブックなどの各種SNSや接骨院のポータルサイトなどに掲載して見込みユーザーをホームページへ誘導する方法もあります。

接骨院のホームページ

接骨院のホームページはデザイン性のあるあまり上品なデザインではなく分かりやすく信頼性のあるデザインが望ましいです。
また、広告的な過剰なPR要素、「絶対治る!」、「最高の技術」とか不安をあおる要素、「取り返しのつかないことにになります」などはNGです。印象的にも逆効果になります。
ホームページの構成は主要なページは分かりやすくどこかの共通部分(ヘッダーやサイドなど)にナビゲーションメニューを設置し、どのページからでもアクセスできるようにします。
電話番号の記載は必須ですのでこれも分かりやすくヘッダーやフッターに必ず記載しておきましょう。
メールフォームのみの連絡方法ではコンバージョンが極端に落ちる原因になります。
メールでの問い合わせは必ずメールフォームを使用するようにします。メールアドレスをWEB上に記載してしまうとスパムメールが何通も届くようになりますので見込み客からの重要なメールを見落とすことになります。
FAX番号も特にWEB上には記載しない方が望ましいです。全国からいろいろな営業FAXが届くようになってしまします。

ページ構造は前述したとおり、主要ページナビゲーションメニューからどのページからでもアクセスできるようにしますが、主要ページの更新頻度は低いことが一般的に予想されますので技術情報を日々配信するための内部ブログなどを設置するといいでしょう。その際、TOPページに最新記事の一部が掲載されユーザーに更新されていることが分かるようにします。検索エンジンのクローラーにもTOPページに変化があるとSEOに有効になります。

接骨院のWEBからの集客について

ホームページを制作したら公開するだけではまず見込み客にアクセスしてもらえないので集客に導けません。
これは接骨院に限らず、どのような業種のホームページでも同じことで見込み客にアクセスしてもらうには見込み客がどのうようなルートでホームページにアクセスすることが予想できるか考えてみます。
まず接骨院の新規患者、つまり見込みユーザーはインターネットでどのようなルートから接骨院のホームページにアクセスされるか、まず考えられるのは検索エンジンです。検索エンジンの自然検索で見込み客があなたの接骨院を検索する時に使用するキーワードで上位表示されるように対策をします。激戦区になるとなかなか素人では順位を上げられないのでSEO業者などに依頼することになりますが、SEO業者は悪質な業者も多いので見極めには注意が必要です。
検索エンジンではリスティング広告といって費用を検索エンジンに支払うことで見込みユーザーが検索したキーワードで広告枠に表示させる仕組みがあります。自然検索でSEO対策が難しいようであればこのリスティング広告を利用するのもいいでしょう。
ただし、キーワードごとにクリック単価が異なるので運用は、費用対効果を考えて行う必要があります。
その他、フェイスブックなどの各種SNSや接骨院のポータルサイトなどに掲載して見込みユーザーをホームページへ誘導する方法もあります。

接骨院のホームページ制作を実績がある業者

ホームページ制作業者はたくさんありますが、デザイン技術が高いことは目に見えるものなのである程度は専門知識がなくてもキレイなデザインを作っているな、と判断できます。 ただ、内部的なコーディング技術やスクリプトの実装などあらゆる技術を用いてクライアントの要望やホームページのイメージを素晴らしい発想や提案力で制作する、クライアントのお客様、見込み客を成果に導くことができる業者がおすすめです。

接骨院のSEO対策

昨今、接骨院に限らず、いろいろな企業や店舗でもホームページを持ち、WEBからの集客が重要になってきています。
それはホームページ(WEB)からの集客が他の広告費に比べ、費用対効果がとても高いからです。
ただ、そんな費用対効果の高いWEBからの集客はライバル当然、重視しており、激戦になっています。
主にSEMやSEO対策になってきますがここではSEO対策についてみていきましょう。

医院名に見込みキーワードを使用する

SEO対策は見込みユーザーの検索すると予想されるキーワードで検索エンジンで上位表示する必要があります。
当然、店舗名などはユニークであることが多く、上位表示させやすい(最低限、1位表示している必要がある)のを逆手にとり、接骨院名そのものと見込みユーザーのキーワードにしてしまう接骨院も見かけます。
たとえば、京都の中京区で接骨院を開院されている接骨院が院名自体を「中京区接骨院」とすればどうでしょう。
これは「中京区 接骨院」でかなり1位に表示される可能性が高くなります。
(保健所の登録がNGの場合は正式な院名は別ももので登録することも・・)

しかし、WEBからの集客については有利になるとは思いますが、長い目で見ると院名が「中京区接骨院」とはいかがなものでしょうか・・
インターネットやSEOのことに多少知識がある患者さんにとってはイメージが悪くなることも考えられます。
院名は愛着のわくユニークな独自のもので、大切に考えていきたいものです。

各種、接骨院のポータルサイトを利用する

これは自分(接骨院)のホームページを直接SEOするのではなく、見込みユーザーが使うであろうキーワードで検索してみて上位表示されているポータルサイト(登録サイトやクチコミサイトなど)に登録してそのポータルサイトの中でも上位表示するように費用をかけたり、ポータルサイトの機能を理解して対策することです。
そのポータルサイトが目的のワードで上位表示されいる間は有効な手段です。

接骨院のホームページでSEO対策で効果が出るまでに目的のワードでもし上位に接骨院関連のポータルサイトが表示されていればそのポータルサイトへの登録を検討します。
これも費用対効果を考慮しますが、一般的にはポータルサイトへの登録はリーズナブルな月額制です。
またポータルサイト内での自分の接骨院がどのスペースにどのような順位で表示されるかも確認して効果があるかを検討します。

リスティング広告を利用する。

SEO対策をしていても効果が出だすまで時間がかかります。
SEO対策(自然検索)で上位表示されるまでは広告費はかかりますがリスティング広告を利用するといいでしょう。
「Yahoo!」の「オーバチュア」や「Google」の「アドワーズ」などです。
リスティング広告内でもSEO対策のような仕組みがあり、人気のワードではクリック単価が高くなるのはもちろん、表示品質の調整などで表示頻度が変わってきたり、広告同士の順位にも影響するのでそれなりに費用対効果を考えて運用するにはテクニックが必要です。

接骨院のホームページではまずSEO対策で見込みユーザーが検索されると予想されるキーワードでの自然検索上位を目指しますが、ホームページ公開当初はSEO対策もなかなか効果が出るまでに時間がかかりますし、激戦区ではSEO業者などに依頼しないと専門的すぎて難しくなります。
接骨院の場合は単価がある程度高いのでSEO対策の効果が出るまでは、リスティング広告を利用することでホームページへ見込み客を誘導できます。
リスティング広告は費用がかかりますので費用対効果を十分に考慮して行う必要があります。クリック単価や表示頻度、上限額などを考慮して最適なバランスで出稿します。

SNSを利用する。

SEO対策とは少しずれますが、SNS、とくに「Facebook(フェイスブック)」を利用して集客を高める方法があります。

各種SNSからの集客もうまくすれば効果的です。
SNSによって年齢層やユーザー層がことなりますので接骨院の見込み客が利用していそうなSNSを選び対策します。
中でもフェイスブックは友達機能を利用することで拡散が期待でき、上手く利用できればかなりの宣伝効果になります。

接骨院マーケティング

接骨院への集客にはマーケティングの知識を利用すると劇的に変わります。マーケティングは接骨院に限らず、様々な分野で効果を発揮します。
マーケティングとはチラシや広告の出し方、営業方法や各種WEBサービスの利用など多種に渡ります。
しかし、見込み客の購買心理、ここでは接骨院に問い合わせをしようとする意思決定を導くホームページの制作方法をご紹介します。
普通にホームページを作っていたらただその接骨院でどんなサービスがあり、費用はどれくらいでスタッフ紹介がありとただの自己紹介的な内容になります。これを見込み客の求める内容、つまり疑問や不安を取り除き、訴求するように変えることでお問い合わせ率、つまりコンバージョン率がかなり変わってきます。
まず興味を引くコピーライティングをみせて、コンテンツを最後まで読ませること、そしてそのコンテンツ内で関心させる、納得させて訴求することが重要です。